憧れの寝かせ玄米*part1

ずーっと作りたかった憧れの寝かせ玄米を
お正月に作ってみました!

お正月らしくないけどもw

せっかくまとまったお休みだったので!
そしてクリスマスあたりからやっぱり暴飲暴食。

kokoro*さん実は昨年から
スイミングスクールのインストラクターにも復帰しまして、
午後の数時間だけですが子供たちに水泳を教えています。
(20代の頃にコーチしてたんですよじつは笑 意外でしょw)

年末に短期水泳教室で連勤もあり、

『ストレスたまる→お菓子つまみ食い』に突っ走って、

肌荒れが今!!!
物凄く酷いんですよね(´∩`。)グスン

ダイエットや健康に詳しい方はご存知だと思いますが、
人の体は3ヶ月前に食べたもので出来てるっていいますよね。
半年前とも言われてたり。

思い返せばスイミングの姉妹店オープンが昨年の9月。
そこのオープニングスタッフとして復帰したけど、
上司が急に変更したり、希望のシフトではなくなったり、
研修が思うようにいかなくて指導も大変だったり、体制も不安定で
皆、心に余裕無くて本当に、ほんとーに激動だったんですよねo(TヘT o) 。

その頃から考えるとね、やっぱり食生活乱れました。
体も心もヘトヘトでボロボロ…

心が病むと私は過食に走るみたい。
普段食べないインスタントラーメンまでお昼に食べてたもん。
健康のお仕事してるのに、全然健康じゃないって言うねw

3ヶ月くらいして少し激務も落ち着いたけど
なかなか暴飲暴食の癖はそう簡単に抜けませんでした(´A`。)
少しはマシになったけど今でも続いてます(笑)

なので少しずつ、無理なく
健康な食べ物にシフトチェンジしていきたいと思っています。
七草粥の代わりではないけど、寝かせ玄米作りに挑戦!

寝かせ玄米って何?と言うと、
玄米のご飯を保温で3日以上寝かせて作るご飯です♪
他の呼び方だと「酵素玄米」って言うそうです。

普通の白米なら3日も炊飯器で保温したら黄色くなってカピカピしてるか、
ネチョネチョになっちゃいますが(笑)

寝かせ玄米は玄米特有のボソボソ感が消えて、
モチモチ触感に変わります。

そして、玄米酵素というものがあり、
酵素が発酵されると素晴らしい栄養分になるそうです。

●美肌効果(肌質改善)
●お通じ改善
●疲労回復
●ストレスの緩和
●中性脂肪を分解(代謝のアップ)
●血圧を下げる
●アンチエイジング
●ダイエット
●良質な睡眠

などなど。調べると沢山の良い効果があるとされています!
がん治療の食事療法、不妊治療など医療の現場でも推奨されているようです。

体質改善には最高の食べ物ですね☆
花粉症やアレルギーの方にも良いかもしれないですね!

今回はmikkeでお世話になってる長喜城という農家さんの玄米を使いました♪
ちょうど小豆もあったのでこちらも入れました!
(発芽玄米では作れないそうなのでご注意を!)

part2の方に作り方や効果などまとめました※

いろいろ調べた結果、さまざまな方法がありました。
私は4合作ってみる事にしました。

お米4合と小豆(50g)を加えて洗います。

そして次の作業が…

結構ハードでした(笑)

お塩(小さじ1)を入れて、
なんと8分間かき混ぜる(笑)
泡だて器でかき混ぜるのですが、右回りだそう!
重要なポイントらしいです!(なぜ?笑)

かき混ぜる事で玄米の表面に傷がつき、
給水率かアップして柔らかくて美味しいご飯が炊けるそうです。

頑張ってグルグル…..(;≧皿≦)。゜°。ううううぅぅぅ

そうすると白濁したお水になりました!
「お水を替えましょう」というサイトもあったのですが、
栄養が出ているのでこのままと言うのもあったので、
私はこのまま一晩漬けて置く事にしました!

(炊飯釜でやると釜に傷がつくかもしれないので、ボールなどがおススメです)

そして次の日、いよいよ炊飯♪

昨年末、炊飯器さんが天に召されたので、新しい子を購入しました♪
1ヶ月くらい炊飯器の無い生活で、鉄鍋でご飯を炊いていたのですが…
お鍋で炊くご飯はこれまた美味しくてw

炊飯器いらないね!ってなりましたが、
忙しいとやっぱり神の家電だと思いました(o≧▽゚)o笑

新しい炊飯器は「玄米炊き」と「玄米GABA炊き」がついてました。
GABAは玄米の中にある成分(ガンマ-アミノ酪酸)の事で、上記に書いた効果があるものです。
このGABA炊きにするとどうやらこの成分が増量するそう。

凄い機能だなぁ~!!と思い、
「せっかくだからGABA炊きでやろ~♪」ってポチっとスイッチを押したら…

ずーっと炊飯してる…

あれ?
イメージでは1時間くらいで炊き上がるんじゃないかな?って思ってたのですが…

ずーっと動いてる…

やっと説明書で確認したら
「玄米GABA炊き(約)4時間半」って書いてありました。

∑(0д0) えっ!!

続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする